ウワキュー 夫婦の浮気・離婚お悩みレスキューサイトウワキュー 夫婦の浮気・離婚お悩みレスキューサイト
  • 夫の浮気
  • 妻の浮気
  • 探偵活用法
  • 全国探偵マップ

不倫相手は8歳年下の刑事。会いたい一心でメールを送り3年間不倫

公開日: : 最終更新日:2018/03/28: 私の不倫体験談

3934

45歳の専業主婦です。主人は二つ年上の47歳、結婚年数は18年になります。

不倫相手は刑事。父のケガがきっかけで平凡な暮らしが一転

我が家には高校生の娘と中学生の息子がおり、本当に世間一般の平凡な家庭を絵に描いたような暮らしをしていました。そんな私が不倫をするなんて当時は考えてもみなかったのですが、それは突然、事故のように起こりました。

今から3年前の事。その日は朝から息子の少年野球の試合があり、近くの小学校に試合を見に行っていました。すると携帯電話に知らない番号から着信があったので誰だろうと思い、出てみると、ある病院からでした。

看護師さんの話では、同居している私の父が近所の犬に噛まれ、かなりのケガをして救急車で運ばれた、とのことでした。慌てて病院に行くと、大ケガをした父と噛んだ犬の飼い主がいました。

少し前に大手術を終えた父はすっかり弱っていましたし、飼い主の方の対応があまりにも悪かったので私の怒りは頂点に達しました。帰宅後、絶対に許すもんかという気持ちですぐに警察に電話をして来てもらったのですが、その時に来てくれた刑事さんが後に私の不倫相手となる男性だったのです。

>>>【関連記事】ハマり過ぎには要注意。不倫相手が自宅に押しかけ、包丁突き刺し離婚を要求

不倫相手と意気投合。メールのやり取りから始まり、すぐに急接近

彼は私よりも8歳年下の独身男性で、初めて会ったにも関わらず、何となく懐かしいような、ひょっとすると私は今後この人と深く付き合うようになるかも・・・という感情が自然と沸き上がったのです。それでも私の勝手な思い込みだと思い、一通り相手のお宅との話し合いが済むとすぐに彼は帰っていきました。

何となく寂しいなあと思っていると、その日の午後、電話がありました。相手の犬が狂犬病の予防注射をしておらず検挙するとのことで、少しそわそわしながら警察に向かいました。調書を取る作業中、話が脱線してしまい、なんと2時間も彼と話してしまいました。そして帰り際、また何かあったらとアドレスや携帯の番号が書かれた名刺をもらいました。

その夜、どうしても彼とまた会いたいと思った私はお礼のメールを送りました。それ以来、メールのやり取りが始まりました。そして二人で会うまでにそう時間はかかりませんでした。最初はドライブをしていたのですが、車を停めて話をしているうちに段々とお互いの距離が近くなり、とうとうその日にキスをしてしまったのです。

転勤を機に不倫に終止符。本気で愛してくれた彼に感謝している

その日から私たちは付き合うようになったのですが、私は家庭がある身なのでそう簡単には会えません。いつも夜、友人とお茶を飲んでくると言っては彼とデートを楽しんでいました。傍から見れば、不倫はみっともなくだらしないと思われるかもしれませんが、私にとっては純粋な恋愛と何ら変わりはないのです。

一度だけ主人にばれそうになったことがありました。以前、父が犬に噛まれたときにお世話になった刑事さんで、たまたまバッタリ会ったので一緒にお茶してたと言って切り抜けました。私たちは、不倫関係を3年間続けました。

しかし、彼が離れた場所に転勤になってしまった事もあり、そろそろ潮時かもと別れを選択しました。最初はどうしても忘れられず、こっそりと彼の勤務先まで行ったりもしましたが、この年で男性に本気で愛された事実は私の中の良い思い出になっています。お互い傷を負うことなく、純粋に恋愛ができたことを深く感謝しています。

スポンサーリンク



(注目記事) 【彼の妻公認の不倫】別居状態と信じ、妻子ある男性と恋に落ちました
(人気記事) 家族より長い時間を過ごした1年。不倫だったけど 元彼が忘れられない

話題のテーマ

特集記事一覧






Facebook LINE W不倫 ばれる スマホ チェック デート ホテル メール ロック 不倫 付き合う 再婚 写真 出張 別れる 告白 妊娠 子ども 専業主婦 履歴 後悔 怪しい 愛情 慰謝料 探偵 携帯電話 疑う 疑惑 発覚 相談 秘密 結婚 罪悪感 職場 親権 証拠 調査 関係 関係修復 離婚 離婚届 飲み会 養育費

サイトマップ