ウワキュー 夫婦の浮気・離婚お悩みレスキューサイトウワキュー 夫婦の浮気・離婚お悩みレスキューサイト
  • 夫の浮気
  • 妻の浮気
  • 探偵活用法
  • 全国探偵マップ

アイシン探偵事務所札幌へ訪問取材しました【写真付き評判レポート】

公開日: : 最終更新日:2019/06/12: 噂のあの探偵は本当に存在するのか?実際に行ってきました!

取材

今日は北海道札幌市に本店を構えるアイシン探偵事務所札幌へ実際に行ってきました。代表の髙橋さんにアイシン探偵事務所設立秘話から、探偵調査にまつわるエピソードまで、じっくり伺ってきました。

もくじ

【アイシン探偵事務所設立のきっかけ】ウソのようなホントの話
アイシン探偵事務所は浮気調査がメイン?!
最近の浮気調査の傾向は、最新機器の導入がカギ
浮気調査に要する日数は平均何日?
アイシン探偵事務所の電話相談
アイシン探偵事務所の面談と契約
アイシン探偵事務所は北海道に密着した探偵社
まとめ

【アイシン探偵事務所設立のきっかけ】ウソのようなホントの話

ミキ:今日はお忙しい中、お時間を設けていただきありがとうございます。今日はよろしくお願いします。

髙橋さん:こんにちは、こちらこそよろしくお願いします。

ミキ:昨夜札幌に戻られたばかりとお聞きしましたが、どちらにいらしていたんですか?

髙橋さん:昨日は帯広におりました。明日また帯広に行きます。

ミキ:札幌から帯広ですか?かなり距離がありますよね?

髙橋さん:まだ帯広は近い方ですね。アイシン探偵事務所は北海道全域をカバーしていますので、函館~根室までおよそ700kmを1日で走ることもあります。

ミキ:700km!関東ではちょっと考えられない移動距離ですね。高橋さんはいつから探偵のお仕事に従事されているのですか?

髙橋さん:若いころは全く別の業界におりまして知人と共同で会社を経営しておりました。ある時期に独立することになり準備していたところ、2日間続けて探偵をやっている夢を見たんです。

ミキ:え~~?夢の中で探偵ですか?

髙橋さん:冗談みたいな話なんですが、本当に2日続けて探偵の夢をみました。2日目にはより具体的でしたよ。古い雑居ビルに「アイシン探偵事務所」という看板が出ていて、そこに出勤していくんです。

ミキ:「アイシン探偵事務所」という具体的な会社名まで?

髙橋さん:はい夢に「アイシン」と出てきたんです。そこから、探偵に興味を持つようになりました。それまでやっていた業界ではなく、探偵業で独立することを決意しました。偶然にも知り合いに探偵さんがいたので、1年ほど見習いをしながらノウハウを教えてもらいました。

ミキ:いつ頃のお話ですか?

髙橋さん:平成10年頃ですね。その後5年ほど個人で探偵をやり、平成15年に法人化しました。探偵に思い入れはなかったのですが、不思議なもんですね。

ミキ:何かのお告げのような夢を信じて「アイシン探偵事務所」を設立されたとは、すごい行動力ですね。でも実際に従事されてから、探偵に向いているな、という感覚はありましたか?

髙橋さん:向いているも何も、最初の2年は依頼が来なくて大変でした。まずはアイシン探偵事務所を宣伝しなければなりませんので、もっぱらチラシを配っていました。

高橋さん:NTTの電話帳に広告を載せるには、多大な費用が掛かるのであきらめ、リュックにチラシを2000枚くらいつめて、朝8時からひたすらポスティングしました。

ミキ:チラシの効果はありましたか?

髙橋さん:開業当初は1か月で約6万枚配布しました。決して効率の良い方法ではなかったのですが、それでも月に1件、2件と依頼が舞い込むようになりました。

ミキ:6万枚配って1、2件の調査依頼ですか?

髙橋さん:件数が少ない分、一つ一つの案件にじっくり取り組むことができて、良い勉強になりました。当時は相棒と2人で、3日間寝ずに調査をすることもありました。時間は無限にありましたので、丁寧な仕事ができましたし、お客様には喜んでいただけましたよ。

アイシン探偵事務所は浮気調査がメイン?!

ミキ:設立当初から浮気調査が多かったですか?

髙橋さん:当時は浮気調査が多かったですね。ですが、今は会社としては浮気調査以外にも力を入れています。例えば子どもの素行調査とか。

ミキ:子どもの素行調査ですか?

髙橋さん:子どもといっても「成人した娘がホストクラブにいりびたっているので調べてほしい」といったご依頼です。他には「息子の交際相手を調べてほしい」といった結婚前調査もお引き受けしています。

ミキ:北海道では婚前調査は多いですか?

髙橋さん:結婚前調査といっても、いまどきは家柄よりも人物ですね。これは余談ですが、何を見るかというとコンビニでの買い物の様子です。

ミキ:コンビニの買い物ですか?なぜですか?

高橋さん:育ちや性格がコンビニでの買い物に出るんですよね。例えばレジでお金を払うときに「一万円札しかないんですがいいですか?」と尋ねる人、千円札を投げるように渡す人、無言で電子マネーをかざす人、買い物を終えて「ありがとう」と言える人、様々です。

髙橋さん:店員さんに「ありがとう」や「すみません」という言葉が、自然に出てくる人はいいですよね。なんてことのない日常での行動にこそ、一番人間性が出るんですよ。

ミキ:そんな細かいところまでチェックするんですか?

髙橋さん:これはうちのノウハウなんで、あまり大きな声では言いたくないんですが・・・。でもこのようなきめ細やかな調査をやっていると知って「アイシンさんにお願いしたい」と言ってくださる人も多いですね。

コンビニでの対応で人柄を判断するという着眼点が素晴らしいですね。恋人や親族の前で見せる姿と、知人がいない場所での振る舞いと、どちらが本当の姿かと言えば後者でしょう。アイシンさんの評判は地道な調査の積み重ねにあるんですね。

最近の浮気調査の傾向は、最新機器の導入がカギ

ミキ:20年近く探偵業をやっておられますが、浮気調査の手法に変化はありますか?

髙橋さん:最近は浮気調査を自分でする人が多いですね。配偶者のスマホのロックさえ解除できれば、位置情報サービスを設定し、居場所や滞在時間を知ることができます。GPSの装置も安く借りられるようになっているので、自分で取り付ける人も多いです。

ミキ:スマホの位置情報等は裁判時の証拠としては弱いですよね?

髙橋さん:そうですね、裁判で「浮気の証拠」として提出するのは難しいですね。ただし、ラブホテルや浮気相手の自宅への出入りなどの記録がたびたび取れれば、状況証拠として使える可能性があります。

ミキ:行動の記録を根気よく取っておけば、後で使えることもありそうですね。

髙橋さん:10年前はメールのやり取りは証拠にならないと言われていたんですが、最近は裁判官もラインのやり取りを浮気の証拠として認める傾向に変わってきているんですよ。ですので、探偵の費用が用意できないとお困りの方には、セルフ調査の仕方などアドバイスをさせていただいています。

ミキ:セルフで浮気調査をされる方の顛末は、どういった形になりますか?

髙橋さん:セルフ調査は失敗することもあるようです。ですが、浮気現場を突き止めその場に乗り込んでいく女性もいますね。裁判で使える証拠がほしいというより、浮気相手を突き止めてすぐに浮気を辞めさせたい、と行動する方が多いです。

ミキ:なるほど・・・

髙橋さん:反面、男性は浮気現場に乗り込んだりしないんです。後日話し合いの機会を設けるみたいなんですが、母親についてきてもらう方も結構いますよ。

ミキ:男性の方が現実を受け止めきれないんでしょうね・・・。

スマホやGPSが身近なものになったおかげて、素人でも居場所の特定が容易になりました。ただし、浮気中の配偶者は警戒心が強くなっているので、十分に注意が必要です。セルフ調査に迷いがあるときは、アイシンさんに相談してみてはいかがでしょう。

浮気調査に要する日数は平均何日?

ミキ:アイシンさんでは、浮気調査にかかる期間はどれくらいですか?

髙橋さん:皆さん気になるところですよね。これは本当にケースバイケースなんです。お客様から日数を尋ねられたら、「あなたのご主人(奥様)次第です」と答えているんです。たとえば、毎晩帰宅が遅く怪しいといったケースだと、4日もあれば証拠や手掛かりがつかめるんですが、怪しいなと思う日が月に1・2回だったら何日も張り込むことになります。

ミキ:浮気日を絞り込めないのは、困りますね。

髙橋さん:浮気しそうな日を絞り込むために、依頼者である奥さんに事前に協力してもらう事もあります。

ミキ:何を協力するのですか?

髙橋さん:例えば車通勤をしている男性だと、車内から浮気相手に電話を掛ける人が多いんです。「今日は会えなくて寂しかったよ」とか「今度は金曜日にデートしよう」とか、会話から浮気の様子が垣間見えることが多いので、奥さんにお願いして車内にボイスレコーダーを仕込んでもらったりします。

ミキ:ボイスレコーダーは長時間録音できるんですか?

髙橋さん:最近のボイスレコーダーは高性能になっていまして、単4電池2本で72時間連続録音が可能です。また、音声を感知するとスイッチがオンになり、5分間無音が続くとスイッチがオフになるものも出ています。音声感知式のボイスレコーダーなら5日間程度の音声はすべて録音が可能ですね。

ミキ:そんな高性能なものが出てるんですね。でもご主人の車にいつボイスレコーダーを仕込むんですか?

高橋さん:それは何とでもなりますよね。週末に買い物に連れて行ってもらって、車に忘れ物をしたと言って一人で車に戻った隙に・・・とか。サイズもかなり小型化していますし、助手席のシートの下側に強力な両面テープで張り付けておけば、まず見つかりません。

ミキ:先ほど「自分で浮気調査をする人が多い」とありましたが、スマホやボイスレコーダー、GPSが身近にあれば、個人で情報収集が可能になってきますよね。

髙橋さん:あんまりお話ししたくないんですど、最近はドライブレコーダーがなり有効な手段になりつつあります。近年ドラレコが入手しやすくなっているので「安かった」と言えば、怪しまれることなく取り付けることができます。

ミキ:「あおり運転」が社会問題となってから、ドラレコをつける人が急増していますよね。でも、ドラレコは事故の瞬間以外も録画できるんですか?

髙橋さん:常時録画できるタイプのものがあります。エンジンが掛かっている間は録画できるので、浮気相手を迎えに行って車に乗せて、ホテルへ入って行くところ。ホテルから出て自宅まで送り届けるところなど、すべて録画できます。360度撮影できるタイプは車内も録画されるので、同乗者の顔も分かります。

ミキ:ドラレコでそこまで分かってしまうんですね。最初にアイシンさんがおっしゃったとおり、調査日数はターゲットの行動パターンを事前に読めているかどうかが鍵となるんですね。

髙橋さん:そうですね、具体的な情報が多ければ多いほど、調査日数も調査員の人数も絞り込むことができます。

調査日の特定、人員の削減ができれば、調査料金も減らせます。しかし事前の情報収集をやり過ぎると相手にばれる可能性もあります。何事もほどほどに・・・。

アイシン探偵事務所の電話相談

ミキ:アイシンさんに調査を依頼したいときは、まず電話をすればいいですか?

髙橋さん:はい、ベテランの女性相談員が対応いたします。アイシン探偵事務所では、電話相談のあったその日に、契約を勧めることはありません

ミキ:それはどうしてですか?

髙橋さん:まず電話でご相談いただいた方には、お話しの内容から調査方法を組み立て、だいたいの費用を案内します。さらにメリットデメリットについても説明します。契約するか否かは、「電話を切ってじっくり考えてから結論を出してください」と説明します。

髙橋さん:その際に、ボイスレコーダーやドラレコの使い方もアドバイスをして、個人の方でもある程度は調査が可能ということもお伝えします。

ミキ:そんなことを教えてしまっては、アイシンさんに浮気調査を依頼する人が減ってしまい、もうからないのではないでしょうか?

髙橋さん:はい無料の電話相談でセルフ調査のノウハウをアドバイスしてしまうので、契約につながらないことも多々あります。しかし悩みを抱えて弊社に電話を掛けてこられた方には、できる範囲でご相談に乗っています。

高橋さん:相談だけで終わったお客様から「あの時はお世話になりました」と、後日お礼のお電話を頂くことも多いです。そのような対応を続けていると、そのお客様が別のお客様を連れてきてくださることもあるんです。

ミキ:世間一般の探偵のイメージからすると「自分でできることもあるし、契約する前によく考えて」と言われるとは思いませんからね・・・。拍子抜けするとともに、正直な探偵さんだな~と安心感を覚えますね。

髙橋さん:電話対応は基本的に女性スタッフのOが担当しています。スタッフOには、常日頃から「ビジネス的な対応ではなく、相談者に寄り添った対応を」と言い続けています。Oは教えを忠実に守りときには、「それだったら探偵使わずに弁護士に頼んだ方がいいですよ」なんて言ってることがあります。正直に言いますと、契約が・・・と複雑な心境にならなくもないですが、目先の利益にとらわれず親身な対応を心がけています。

ミキ:大変失礼ですが、経営面は大丈夫なんですか?

髙橋さん:我々は大手探偵社ではありませんので、依頼件数を伸ばすことはあまり考えていません。ベテランのスタッフだけで対応できる分のご依頼を受け、確実に調査を完了すること目的としています。不動産や広告に掛ける経費を極力抑えているので、それなりに安定した経営をしています。

アイシン探偵事務所の面談と契約

ミキ:アイシンさんの事務所はリージャス内にありますが、レンタルオフィスですか?

髙橋さん:レンタルオフィスというと誤解される方もいらっしゃるのですが、契約書を交わしこの中のオフィスをお借りしています。探偵は基本的に外へ出ていく仕事なので、大きな事務所は不要です。適正価格で調査を請け負うために、経費削減に努めています。

ミキ:そうですね、入口の看板にも「アイシン探偵事務所」とプレートが出ていますし、他のテナントさんも大手ですし、安心感がありますね。

髙橋さん:このオフィスには弁護士事務所や航空会社など入っていますし、明るく開放的な造りになっています。探偵というと薄暗い雑居ビルのようなイメージを持たれる方も多く、実際に来られた方はほっとされていますね。

ミキ:面談の場所はこちらの部屋になりますか?

髙橋さん:訪問販売法、特定商取引法の観点から、基本的にはこちらの事務所に出向いていただいて、面談なり契約をしていただく形になります。ただし、小さいお子さんがいらっしゃって、札幌まで出てくるのは大変という方もいらっしゃいます。そのような場合は相談者様のご希望の場所へ出向くこともあります。

ミキ:では喫茶店などで契約をすることもあるんですね?

髙橋さん:面談一回目での契約は極力控えています。一通り説明させていただいてその日は一旦終了です。自宅に戻り冷静になって考えた上で、アイシン探偵事務所に調査依頼をする意思が固まったら、連絡をいただき契約へと進みます。その場の勢いで契約をして、後々のトラブルになっても困りますので、契約を急かすことはありません。

髙橋さんは「無理に契約をとっても意味がない。料金や調査内容に納得してから契約をしていただきたい」と何度もおっしゃっていました。髙橋さんの実直な人柄が感じられる言葉です。

アイシン探偵事務所は北海道に密着した探偵社

ミキ:ホームページに海外の調査も可能とありましたが、海外調査は多いですか?

髙橋さん:アメリカの一部の州やグアムは過去に調査をしております。韓国にも行きましたね。基本的に、ご依頼者様が日本在住であればお引き受けしています。主には単身赴任で海外にいらっしゃるご主人の調査ですが、件数自体は少ないです。

ミキ:海外での浮気調査は大変しょうね?

髙橋さん:そうですね、アメリカの法律にのっとって調査をしないと、警察に連行されてしまう事もあるようです。逮捕されてしまったら調査どころではありません。弊社はそのようなことのないよう、現地で通訳を雇い慎重に調査を行っています。

ミキ:海外の調査は、一歩間違えると身の危険がありそうですね。国内の調査でも、北海道以外の調査での苦労話はありますか?

髙橋さん:苦労と言うほどではありませんが、先日関東の田舎町で調査をしたんですが、のどかな街で身を隠す場所がなく困りました。北海道の調査は慣れっこですから、道内の街並みに溶け込むすべは心得ているのですが、関東のはじめて行った場所が思いのほか田舎で、少し戸惑いました。

ミキ:田舎での調査は難しいですか?

高橋さん:我々は、建物や人・車などに身を隠して、調査を行います。田園地帯が続くような場所では身を隠すような場所を探すのに一苦労です。私はもう20年もやっていますから、その場その場で判断してなんとか遂行しますが・・・。

ミキ:関東での調査の場合、車はどうされていますか?

髙橋さん:レンタカーを事前に手配しています。レンタカーは目立たない車種や色を指定しています。

ミキ:他には印象に残った出来事とかありますか?

髙橋さん:浮気調査の完了報告時に、夫と浮気相手にひとこと言いたいので、アイシンさんに立ち会ってほしいとお願いされたことがありました。我々は弁護士ではないので、交渉事には関わりませんが、浮気相手と会っている場所に付き添うことはできます。

高橋さん:弊社の女性スタッフOが付き添ったのですが、相談者の夫が「あんた誰だ」と胸ぐらをつかみ興奮状態になりました。幸い私が近くに待機していましたので、それ以上大事にはなりませんでしたが・・・。

ミキ:Oさんは怖い思いをされましたね。

髙橋さん:スタッフOは肝が据わっていますから、冷静に対処していました。男性が妻の浮気現場に乗り込むことはまずありませんが、奥さんがご主人の浮気現場に乗り込みたい、という要望はたまにありまして…そのたびにOの出番になるんです。

髙橋さん:弊社のスタッフを褒めるのはどうかと思いますが、女性のご相談者とスタッフOとの絆はものすごく強いんです。何年も前に調査をさせていただいた方が、全く別の案件で手伝いをしていただく事もありまして、つくづくご縁を感じます。

高橋さん:利益優先で調査を引き受けていたらこのようなことはまずありえません。我々は、儲けは薄くとも、多少怖い思いをしようとも、できる限り相談者の力になれるようにベストを尽くします。

ミキ:先ほどからお話を伺っていますと、本当に採算度外視のお仕事ぶりですもんね。

髙橋さん:「一番つらかった時期に親身になってもらった」という感謝の気持ちを忘れずにいてくださるお客様が多く、単なる探偵とお客様ではなく、それ以上の関係性が続いていくことも少なくありません。

髙橋さん:北海道は都会的な印象もあるかもせれませんが、案外狭い街で人付き合いも残っています。実直な仕事を続けていくことで、評判を得て、回りまわってプラスになることも多いです。地域密着の探偵社ですから、下手なことは出来ません。常に誠実な対応を心がけています。

まとめ

取材に応じてくださったアイシン探偵事務所の髙橋さんは、とても気さくで話しやすい方でした。「これはあんまり言いたくないんですが・・・」と言いながら、探偵業の裏話をざっくばらんにお話ししてくださいました。

途中女性スタッフのOさんも同席してくださいました。髙橋さんがおっしゃる通り、頼りがいのあるお姉さま、という印象です。

「探偵をやっていて一番うれしいのはお客様から感謝の言葉を頂いた時です。我々は探偵業で大金持ちになろうというつもりは毛頭ありません。儲けは少なくとも、お客様の手助けができた時に、この仕事を続けてきてよかったと思います」とお話し下さった髙橋さんの笑顔が印象に残りました。

アイシン探偵事務所が北海道で長く愛されている理由がよくわかりました。


話題のテーマ

特集記事一覧






Facebook LINE W不倫 ばれる スマホ チェック デート ホテル メール ロック 不倫 付き合う 写真 出張 別れる 妊娠 子ども 実家 専業主婦 履歴 後悔 怪しい 愛情 慰謝料 探偵 携帯電話 疑う 疑惑 発覚 相談 秘密 結婚 罪悪感 職場 裏切り 親権 証拠 調査 関係 関係修復 離婚 離婚届 飲み会 養育費

サイトマップ