ウワキュー 夫婦の浮気・離婚お悩みレスキューサイトウワキュー 夫婦の浮気・離婚お悩みレスキューサイト
  • 夫の浮気
  • 妻の浮気
  • 探偵活用法
  • 全国探偵マップ

浮気と不倫はどう違う?言葉の意味や境界線、法的な解釈とは

浮気と不倫世間でよく話題になる、芸能人の浮気や不倫のニュース。浮気=遊び、不倫=本気のイメージですが、本当のところはどうなんでしょうか。ここでは言葉の意味の違いや、一般的にどこから浮気や不倫と思うのか、法的なラインと合わせて説明していきます。

もくじ

1.浮気の意味とは?どんなシチュエーションで使うのか
2.不倫の意味と、どんな時に使うのか2パターンで説明
3.ここからはダメ!浮気と不倫のボーダーラインを解説
4.【浮気と不倫の法的な解釈】不貞行為や慰謝料請求とは何か
5.まとめ

浮気の意味とは?どんなシチュエーションで使うのか

浮気とは文字通り「浮ついた気持ち」を表します。ほんのお遊びや刹那的な意味で使われることが多い言葉ですが、誰がどんなシチュエーションの時に使うのかまとめてみました。
 

  1. 未婚者×未婚者が一時的な関係で
  2. 既婚者×未婚者が一時的な関係で
  3. 既婚者×既婚者が一時的な関係で

 
1~3で共通することは、継続的でなく、非常に短期間で終わってしまう時に「浮気」という言葉が用いられるということです。恋愛感情もあったり無かったり、結婚していたり、していなかったりと、多種多様です。

例えば未婚のカップルにおいて「軽い不倫のつもりだった」とは言いません。恋人ではない人を好きになってしまった時や、結婚していても酔っぱらった流れでついつい異性とキスしちゃった…という場合など、対象は未婚、既婚ともに含まれ様々な状況で浮気という言葉が使われます。

また、男女間のトラブル以外でも浮気という言葉が使われています。例えば、馴染みではないお店に行くことを「他のお店に浮気しちゃった」と言うように、気持ちのうつり変わりを表現する言葉としても、日常会話の中で登場することから広範囲で使用されます。

不倫の意味と、どんな時に使うのか2パターンで説明

今度は「不倫」の言葉の意味や、どんなシチュエーションで使われるのか詳しく説明していきます。

まず不倫の「倫」というのは、辞書で調べると人が守るべき道とあり、それに「不」という文字が加わることで、「倫理的ではない行為」という意味になります。つまり、人としてのモラルや道義から外れる行いということです。

どんな場合に不倫という言葉が使われるのか、2パターンありますので説明していきます。
 

  1. 既婚者×未婚者が肉体関係を持つ
  2. 既婚者×既婚者が肉体関係を持つ

 
1と2に共通する事項は、その場限りの関係というよりも、ある期間に親密な関係があった場合で、肉体関係があったかどうかも含まれます。つまり、既婚者が一定の期間、性行為を含めた恋仲になってしまった時など、限定的な範囲で使われることが多いです。

ここからはダメ!浮気と不倫のボーダーラインを解説

浮気と不倫、言葉の意味だけとらえると、厳密には違いがあることが分かりました。ここからは一般的に浮気や不倫だと感じるボーダーラインはどこか、箇条書きにしてまとめました。

浮気と感じる行為

  • じっと見つめ合う
  • 手をつなぐ
  • 腕を組む
  • 肩を寄せ合う
  • 頭を優しくポンポンする
  • LINEでハートスタンプのやり取り
  • 内緒で食事に出かける
  • キスをする
  • 抱きしめる
  • 性行為をする
  •  
    一般的に浮気だと思う行為は、恋人以外の異性と話をするだけでも浮気だと言う人もいれば、異性と2人きりで遊んでいても浮気ではないという考えの人もいます。この2つはどちらも間違いではありません。浮気と考えるボーダーラインは人それぞれ全く違うからです。

    不倫と感じる行為

  • 未婚だが、結婚している人とホテルで逢瀬を重ねた
  • 既婚者がいるのに好意を持つ異性と1年以上付き合っている
  • お互い既婚者だと知っていたのに肉体関係があった
  •  
    ポイントとしては不倫した本人か、不倫相手に既婚者が含まれているかどうかです。ここでゲス不倫、W不倫などで取り上げられたトレンドニュースを例に挙げて説明します。

    妻子のいる実業家や、スポーツ選手との密会記事、または夫がいるのに俳優や歌手と車内でキスするなどのスクープ写真が、不倫記事として世間を賑わせていることからも、不倫と感じるのが結婚しているかどうかがポイントだと分かります。

    【浮気と不倫の法的な解釈】不貞行為や慰謝料請求とは何か

    不倫や浮気というのは、法律的にはどのような扱いとなるのでしょうか。民法に「不倫」や「浮気」という言葉は存在せず、定義もありません。そのため法律上では「不貞行為」というジャンルに入ります。

    不貞行為というのは肉体関係の有無が基準となるので、手を繋いだりキスをしたというようなプラトニックな関係では不貞行為とみなされません。そして刑法には法定されていないので、不倫や浮気をしたからと言っても犯罪にはなりません。

    では一切の責任をとる必要はないのかということですが、法律上でも「慰謝料」という形で民事責任が問われます。慰謝料は不倫をした配偶者や浮気相手などに請求できる権利で、未婚のカップルでは認められない場合がほとんどです。

    ただ慰謝料請求には時効があります。不貞行為の事実や不倫相手の存在を知った時点から3年が経過してしまうと、どんな内容だったとしても慰謝料を請求することはできません。先延ばしにしてしまうと泣きを見る可能性があります。

    では、肉体関係が無い場合には慰謝料請求できるのでしょうか。ポイントとなるのは不貞行為の有無なため、パートナーが浮気をして深く傷ついたというだけでは慰謝料請求できません。

    ただ、夫婦関係が破綻するほど浮気相手と親密な交際をしていたということがあれば、慰謝料が認められる場合もあります。本来肉体関係を持たなければ不貞行為だとみなされないことから、この部分は裁判でも大きな争点となります。

    まとめ

  • 浮気は未婚、既婚ともに使い一時的な遊びの意味で使う
  • 不倫は既婚者が継続的な肉体関係がある時などに使う
  • 法律上の浮気や不倫の定義は不貞行為があったかどうか
  • 慰謝料請求は既婚夫婦が請求できる権利
  •  
    恋人や結婚したパートナーなど、特定の異性以外と特別な関係になってしまうという点では不倫も浮気も同じだと言えるでしょう。交際中の人がいるのであれば浮気の基準はどこかということを、きちんと話し合っておくことがトラブルを未然に防ぐことに繋がります。

    法律上での定義は「不貞行為」という肉体関係の有無なので、そこに浮気や不倫という区別はありません。本当に肉体関係がなかったのか、どこまで親密な関係だったのかを証明するための証拠を集めなければ、不貞行為が認められない状態での慰謝料請求は難しくなるでしょう。

    次では、浮気疑惑のある妻に対して、自身で証拠を集めた夫の体験談を紹介します。不貞行為を証明するための証拠を集めることが実際にできたのかどうか、興味深い記事ですので一読してみてください。
     

    妻の浮気を察知し盗聴器とレシーバーで決定的な証拠を入手。罪悪感のない妻と離婚を決意

    話題のテーマ

    特集記事一覧






    Facebook LINE W不倫 ばれる スマホ チェック デート ホテル メール ロック 不倫 付き合う 写真 出張 別れる 妊娠 子ども 実家 専業主婦 履歴 後悔 怪しい 愛情 慰謝料 探偵 携帯電話 疑う 疑惑 発覚 相談 秘密 結婚 罪悪感 職場 裏切り 親権 証拠 調査 関係 関係修復 離婚 離婚届 飲み会 養育費

    サイトマップ