ウワキュー 夫婦の浮気・離婚お悩みレスキューサイトウワキュー 夫婦の浮気・離婚お悩みレスキューサイト
  • 夫の浮気
  • 妻の浮気
  • 探偵活用法
  • 全国探偵マップ

【ストーカーを調査】エスカレートする嫌がらせ。確実な証拠を集めて警察へ

2506

ストーカー行為がエスカレートし、拉致・監禁事件、異常な嫌がらせ、殺人事件などよく耳にしますが、その度に警察は何をしていたの?と思ってしまいませんか?あくまでも素人がTVを見た感想ですが、警察に憤りを感じるときもあります。表に出ないだけで警察だって、何らかの手を打っていたのかもしれないですが・・。

なぜ事件が起きてしまう前に、逮捕できなかったのだろう。前もって逮捕できれば良かったのに・・、多くの方が疑問に感じているかと思います。

警察がストーカーをすぐに逮捕できない理由

確かに、日本にはストーカー規制法と呼ばれる法律が存在します。法律があるから安心・・という訳ではありません。ストーカー規制法では、どのような処罰をストーカーに与えることができるのか、順を追って確認していきましょう。

  • まず初めに「警告」:加害者に対して警察が注意を与える
  • 警告が無視されると公安委員会より禁止命令の発令
  • 禁止命令さえも無視をすると1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金

逮捕までには警告・禁止命令と、2回忠告されているにも関わらず、加害者はそれを無視してストーカー行為を続けているのです。ストーカーを逮捕するまでには、数々の被害を被らなければならないのです。ストーカー行為を受けた経験がある方はお分かりかと思いますが、加害者からのストーカー行為はたった1回でも恐怖を感じますね。

そして警察にストーカー行為を申し出ただけでは、逮捕できません。ストーカー規制法とは被害者が告訴をして、やっと逮捕できる法律なので、被害届と一緒に告訴状も必ず書きましょう。それでも警察がストーカーを逮捕できるまでには警告、そして禁止命令と段階を踏んでいかなくてはならないのです。なんだかもどかしい話です。

【ストーカーからの嫌がらせ】警察が危険性を感じる物的証拠集めは、自分ではなかなか難しい

執拗なメールに手紙、膨大な無言電話、しっかりした物的証拠が揃っていると警察も早い段階で動いてくれます。しかし実際のところ、証拠は気味が悪くて捨ててしまうことも多く、警察が危険性を感じるまでの証拠集めは自分では難しいでしょう。

確実な証拠を掴むためには、被害状況の把握はもちろんですが、その状況の裏を取るストーカー自身の行動調査も重要です。しかし、ストーカーと接触することは恐怖の何物でもありませんね。ご自身でストーカーを調査することは、絶対に避けてください。そんな時こそ、探偵社を使ってみてはいかがでしょうか。

ストーカー行為を行う加害者の調査を、探偵社では「監視調査」と呼びます。たとえば、ストーカーが知らないはずのあなたの個人情報や言動を知っていたとします。探偵社ではストーカーがどうやってあなたの情報を得ているのか、あなたを見ている場所、見続けている時間などが調査で分かってきます。

【探偵社を使って、ストーカーの監視調査】ストーカー行為の裏を取る!

探偵社を利用すると自分が集めた物的証拠のほかに、ストーカーがどれだけ自分を付け回しているのか、情報を盗み見しているのか、といった証拠も手に入れることができます。

ストーカー行為の裏を取る作業が、探偵社で行う調査です。自分が持つ証拠よりも、ストーカー行為の確実な証拠ができるため、警察が早い段階で対策を強化する可能性も高まりますよ。

探偵社では24時間、無料相談を受け付けています。エスカレートしていくストーカー行為には、早めに対応することが大切です。警察や家族、信頼できる友人に助けを求め、それでも難しいときは探偵社を利用することも考えてみてください。

スポンサーリンク



(注目記事) 【逮捕歴のある元彼がストーカー】包丁を持って現れ、警察を呼んで再逮捕
(人気記事) 巧妙になっていく盗聴の手口。犯罪にならない盗聴行為の真相

話題のテーマ

特集記事一覧


poro-miki



Facebook LINE W不倫 ばれる スマホ チェック デート ホテル メール ロック 付き合う 写真 出張 別れる 同僚 告白 妊娠 子ども 実家 専業主婦 履歴 後悔 怪しい 愛情 慰謝料 探偵 携帯電話 旅行 疑う 疑惑 発覚 相談 秘密 結婚 罪悪感 職場 親権 証拠 調査 関係 離婚 離婚届 飲み会 養育費

サイトマップ